2022.09.01

ASCONNECTは2017年9月1 日に創設致しました。
地元の同級生、先輩の多大なる協力があり、本当に運の良いタイミングで設立までの事が進んでいきました。
当時を振り返ると最初の一年は壮絶でした。
そんな事ある?の連続で、そんな事は予想してたし覚悟はしてましたが、実際に起きるとリアルすぎて普通に仕事が出来ない日々。
外に出た時は、何も無かったように、自分の5年、10年後の為だと言い聞かせ、多くを語らずとにかく自分なりに気丈に振る舞ってた感じでした。

いつもお付き合いして下さる方々にはいつもご迷惑をかけていたのですが、最初の一年は特に迷惑をかけました。
出来ていた事があれよと出来なくなり、それでも皆さんは、それじゃあ何が出来る?と出来る事を受け入れてくれました。
本当に当時は、私の不安を払拭させる暖かさで、人ありきというのを特に凄く感じ、強いものにしてくれました。

そんな時に先輩から食事に誘われました。
まだ鮮明に覚えているのですが、その時、私はあんな事があった、こんな事があったなど、つい先輩だからか、ネガティブな話しばかりしてたと思います。
ただ、先輩は不機嫌そうに聞きながら黙ってました。
口を開いて先輩から言われたのは、お前は何で独立したの?お前は誰と仕事してんの?色々と起きてるのは知ってるけど、そんなもんほっとけ!お前は誰と向き合って仕事してんだよ!それより付き合ってくれてる方々を信じてもっと大切にした方がいいと。
俺たちはどこで買うじゃ無く、誰から買うかなんだよと。
地元にあるいつもの一代元で叱咤を頂きました。
初めて叱咤を頂いたのに気持ちがスッキリしたのは初めてな感じでした。グラングランだった振り幅のでかすぎる気持ちのバロメータが安定した感じです。
あの時間があったから今の自分があります。全く気にしない事はありませんが、今起きている事が本当に小さい物に見えたし、行動も変われました。

5年が経ちましたが、未だに当たり前にあった事が出来ない状況でもあります。
ただ、それでも必要として下さる方々は私達が出来る事を受け入れて下さっています。
あの時の先輩の言葉があったから、何かあっても振り幅を大きく落とす事はありません。
アスコネクトが出来る事を必要としてくれている方々がいる事の方が何より心強く、超強いからです。

私は色々と遠回りしてきた人生です。何事もスムーズに進んでは人生面白くないので、そんな事がありながらも皆様とのご縁と温かいお付き合いで5年が迎えられています。
本当に嘘みたいですが、日々感謝しかありません!いつもありがとうございます!!

最初のメッセージを書かせて頂くにあたり、やはりこのガチャピン先輩との話は私の中で絶対でした。
小学生の時からずっと僕だけでは無く、地元の同級生からしたらずっと変わらないお兄ちゃんです。
ASCONNCTはその先輩と決めた屋号です。

私達が出来る事として=as we can

これから皆さんに必要とされる様に、正しく、一生懸命頑張る為にも、どうしても先輩の名前の1字が欲しく、ASCONNCTのSをもらい、Aはすいません。自分のAです。
CONNECTはやはり人あって、人とのご縁を大切にしたいという意味です。
最終的に全てくっつけてASCONNCTとなってます。

バスケットで例えると、プレイする人、指導する人、応援する人、環境を作る人、審判をしてくれる人、そして私達みたいな人と、みんなそれぞれ出来る事でリスペクトして繋がってると思ってます。
押し付けるつもりは勿論ありませんが、私はみんなで”ASCONNECT”なのではとの考えです。

これは俺の会社だ!という上から偉そうにだったり、下からお伺いを立てたりというダサく構えるつもりは全く無く、皆さんと一緒に出来る事で取り組んできた中で育ててくれている会社との想いがあります。
一番の理想は黒子の様に一歩後ろでサポート出来ればと思ってます。

今はバスケットボール事業がメインですが、今後これからのご縁がどう繋がっていくのか…
私も皆さんも総像を超え、ぶっ飛んだ事が起きるかもしれません。
人とのご縁は何が起きるかわかりません。
それが、ASCONNECTの可能性だと思います。

引き続き、今の仕事のやり方がそうですが、欲張らずお互いに私達が出来る事をフォローしあっていき、また人から必要とされる様に頑張るだけです!
本当に私は人に恵まれていますし、皆さんと人を感じながら出来るこの仕事が楽しいです!
いつも本当にありがとうございます!!!

 

error: コンテンツは保護されています